入浴剤でお手軽水素風呂


水素の効果を体感するためには、もちろんサプリメントで体の中から水素水を発生させるという方法を一番にオススメします。

ですが、どうしてもサプリメントには抵抗を感じるというような方には入浴剤を使った水素風呂という方法も良いです。

ただし、ザブンと入ってすぐに1分も湯船に浸かることもなくすぐに出てしまう方は、せっかくの水素入浴剤も効果を発揮できないで終わってしまうでしょう。

水素入浴剤を使ってお風呂に入る時は、7分以上はその湯船に入っていてほしいです。あまり高温な湯船だと長時間の入浴は難しいでしょうから、ぬるめのお湯で半身浴くらいの感じがオススメ。1回に7分間連続でなくても構わないので、湯船に入っている時間がトータルで7分以上になるように工夫してみてください。

もちろん、長湯が好きな方にとっても水素風呂はオススメで、大抵の水素入浴剤は3時間以上はその効果を発揮してくれるので存分に水素で体をリフレッシュしてください。

中でもコストパフォーマンスが良いのは、こちらの大袋に1キロの入浴剤が入った『ナノ水素スパ』という商品です。


家庭で簡単!高濃度水素発生入浴用「ナノ水素スパ」1kg

20~30回は使える容量なので、マニュアル通りの分量ならば1回の入浴に約133円~200円というコストパフォーマンスを実現できます。

ちょっと節約して少し少なめの量で使ったら1回の入浴には約100円という計算になります。これならかなり実用的ではないでしょうか。

大抵の水素入浴剤はだいたい1回あたり500円くらいになってしまうのがほとんどなので、その半分以下で水素風呂が楽しめるこの入浴剤は今のところベストコストパフォーマンスとなっています。

ただし1点欠点があるのですが、大袋に入っているので湿気が気になるという点です。本当は1回ずつの小袋に入っているものが一番なのですが、値段の安さを維持するために大袋入りになっているのでしょうね。

小袋入りでオススメなのはこちらの『H2.Clean-Up』です。>>高濃度水素入浴剤 H2.Clean-Up

小袋1袋にすると約500円なのですが、H2.Clean-Upは半分の量でも十分に水素入浴の効果を得られるくらいの高濃度な商品なので、半分で利用すると1回あたり約250円というコストパフォーマンスになります。

一度使った後の残りはぜひジップロックで密閉しておくなどして、また次回の入浴時に使ってください。その時に乾燥剤を入れておくといいですよ。

Dr.SAITO’S SELECT 浸みわたる水素水
Dr.SAITO’S SELECT

カテゴリー: コラム | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--u9j554hlkolge4sz.com/suisonyuyokuzai.html/trackback/

水素の効果の上へ

サイト内検索

カテゴリー

インフォメーション

にほんブログ村 健康ブログへ