ミトコンドリアと水素水【世界一受けたい授業】

 

水素水と太田教授

ミトコンドリアと水素水たまたま見たテレビ番組にてミトコンドリアの話題が。

世界一受けたい授業という番組だったのですが、先生役に登場していたのが、水素水で有名な太田教授でした。

太田教授といえば水素水といわれる程の水素水の業界ではレジェンドな方なのですが、この日はミトコンドリアを増やすには水素水が有効だよ、という話にとどまり、水素水の事をあれこれ詳しく聞きたいという私達には少々物足りない番組内容だと感じてしまいました。

とはいえ、ミトコンドリアは本当に大事な働きをする細胞の一つなのは間違いないと、食事から運動まで詳しく説明がされていたのは良かったと思うし、水素水が必要だという理由は良く理解出来たのではないかとも思います。

 

ミトコンドリアとは

ミトコンドリアというのは、私達の体の10%を占める重要な細胞内の構造物の一つです。

体の中での働きは、それはもう重要なもので、エネルギーを作り出す働きをはじめ、健康や老化の問題と非常に深い関係があるといわれます。肥満や認知症までも、ミトコンドリアとの関係が指摘されているのです。

ところが、一般的にこのミトコンドリアは歳を重ねると共に減っていってしまうのです。ミトコンドリアの量が減り質が低下すると、ミトコンドリアは、まず、生命を維持するための活動にと使われる訳です。

結果、老化や生活習慣病などという形で現れるという訳です。

いつまでも、若く健康であるためにミトコンドリアを増やし活発に活動させる事が重要となります。結果、自然治癒能力・抵抗力を高めて行くことが心身ともに健康へと繋がるのです。

報告によれば、70歳という年齢の方が20歳の若者と同じ量のミトコンドリアを持っている、という報告もあるほどで、その方の若々しさは想像に難くないのです。

しっかりとした自己管理で、ミトコンドリアは良い状態で維持出来きます。そのためには食事はもちろん、水素水が良い働きをするんだ、こんな感じで今回は纏めておきます。

カテゴリー: 水素水とはコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--u9j554hlkolge4sz.com/hydrogenwater/hydrogenwater/mitochondria.html/trackback