ピロリ菌


ピロリ菌ピロリ菌に水素が効果的だという報告があります。

ちょっと怖い話をすると、日本人の約50%もの人がこのピロリ菌に感染しているという調査報告もあり、ピロリ菌の除菌治療をする人が年々増えているそうです。

そもそも、ピロリ菌とはなにか?という話ですが、ピロリ菌は主に胃の粘膜に棲む細菌で、胃や十二指腸の病気の原因になると言われています。

ピロリ菌に感染することによって、胃や十二指腸に炎症がおこり、それが様々な病気のトリガーとなって、潰瘍や癌にまでなることが報告されています。

この仕組をもっと詳しく突き詰めると、結局はピロリ菌を退治する為の身体の自己免疫力によって活性酸素が多く使われるうという事になるのです。

この活性酸素が癌などの病気を作るという事、そしてその活性酸素を中和するのにこのサイトのテーマでもある、水素が効果的だという事です。

以下は以前の投稿なのですが、活性酸素は様々な病気の元凶となります。

>>> 活性酸素とは

医療機関でこのピロリ菌の除菌治療は専用薬と抗生物質の服用です、副作用が報告されている上に必ずしも完全除去がされる訳ではなく、20%、つまり5人に一人は失敗してしまうという報告もあります。

ピロリ菌感染は現在では狭心症や心筋梗塞、自己免疫疾患、神経疾患、皮膚疾患もその関連性までもが示唆されています、これらがすべて活性酸素によるものだとすれば、すべてつじつまが合う話で、水素がピロリ菌の予防や治療に効果があるというのもうなづけます。

Dr.SAITO’S SELECT 浸みわたる水素水
Dr.SAITO’S SELECT

カテゴリー: 水素の効果 | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--u9j554hlkolge4sz.com/helicobacterpylori.html/trackback/

水素の効果の上へ

サイト内検索

カテゴリー

インフォメーション

にほんブログ村 健康ブログへ