腸内環境を整えるということ


腸内環境私達の身体の全免疫システムの8割が腸に集中していると言われています。免疫力の低下=病気へと繋がる事は容易に想像出来るでしょう。

植物にとって大事な部分といえば、ご存知の様に根っこです。根から栄養を取り入れ大きく育って行きます。私達の身体の中では、この根っこに相当するものが小腸です。

植物は土が悪ければ枯れてしまいます。悪い土というのは植物が育つ栄養のない土です。同じように人間の身体も、良い物を食べれば体は元気になるという基本の上に成り立っているという事です。

栄養は血液として全身に送られるのですが、血液の質は腸内で作られるという事、これが腸内で免疫システムが作られるという事につながります。

腸の中にある腸内細菌(善玉菌)が良いものと悪いものを区別して、有害なものは排出されるという仕組み、ここにポイントがあって、体内で発生する活性酸素が腸内の異常、悪玉菌と善玉菌のバランスが悪玉菌寄りに傾くことが原因だとされているのです。

タンパク質や脂肪が多い食品に偏った食事を止め、食物繊維や発酵食品を多く摂取して、腸内に不要な老廃物を溜めこまない事が大切だと言われます。

とは言え、既に調子を崩してしまった身体を修復する方法、食生活の改善や運動など一般的に指導される方法では追いつかない現実があります。

水素で活性酸素を取り除くこと、水素が免疫力アップに効果があるという理由は腸内環境を整えるという事にあるという話でした。

とにもかくにも、美容と健康の大敵な活性酸素です。

>>> 活性酸素について

Dr.SAITO’S SELECT 浸みわたる水素水
Dr.SAITO’S SELECT

カテゴリー: 水素の効果 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--u9j554hlkolge4sz.com/gut.html/trackback/

水素の効果の上へ

サイト内検索

カテゴリー

インフォメーション

にほんブログ村 健康ブログへ