痛風


痛風は「尿酸」という物質が血液中にふえ、それが関節などに付着して結晶化することで痛みを発症します。結晶が他の臓器などに沈着すればさらに深刻な合併症を引きおこすので注意が必要です。

ひと昔前には「ぜいたく病」などと言われてきましたが、今の世の中、痛風の予備軍と呼ばれる20代~30代の世代が増えていて、その数は500~600万人にもなると推定されているそうです。

食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、内臓脂肪の増加、ストレスなどが原因といわれますが、思い当たる節は幾らでもあるのでは無いでしょうか。高血圧や糖尿病と同じく重大な生活習慣病なのです。

水素の研究の先駆者である細胞生物学の権威、日本医科大学大学院の太田教授の研究結果があります。

痛風の学生の尿酸値を一定期間測定する検証を行いました。

アルコールを飲んだ後はぐっと尿酸の数値が上がるのに対して、二リットルの水素水を飲んだ後は、尿酸値が下がるというデータが報告されています。

水素には、食欲を調節して体脂肪を下げる働きもありますので、痛風はもちろん、生活習慣病のすべてに効果があるといえますね。

こちらのページは実際に水素を飲み続けた方の尿酸値の数値です、
>>> 尿酸値の改善

 

Dr.SAITO’S SELECT 浸みわたる水素水
Dr.SAITO’S SELECT

カテゴリー: 水素の効果 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--u9j554hlkolge4sz.com/gout.html/trackback/

水素の効果の上へ

サイト内検索

カテゴリー

インフォメーション

にほんブログ村 健康ブログへ