口臭の原因


口臭を気にする人は多いのではないでしょうか。自分も他人にとっても不快な匂いなのは間違いなく、まずは三つの口臭の種類を見てみましょう。

口の中はつねに適温で湿気もあり、食べ物のカスなどがたまり雑菌が発生しやすく、常に匂いを発生しやすい環境にあるのです。

とは言え、わたしたちの体はよく出来たもので、唾液の抗菌作用によって口臭はおさえられているのですが、寝起きや空腹時、緊張やストレスを感じた時には唾液の分泌が減り、口臭が強くなる傾向があります。

これらを生理的口臭といいます。食事や歯磨き、舌を磨くことで口の中の細菌が少なくなり、口臭は弱くなります。

アルコールやタバコ、にんにくやネギによる飲食物や嗜好品による口臭は一時的なもので、時間の経過とともに無くなるので、必要以上に神経質になる必要はありません。

体の疾患による口臭が見過ごせません。これらは病的口臭と呼ばれます。

虫歯や歯周病、胃潰瘍などの胃の疾患、呼吸器や耳鼻咽喉の疾患、腎疾患、肝炎などからくる口臭やここでもまた糖尿病などの生活習慣病も口臭の原因となります。

ここでもやはり水素が効果的です。

水素を取り入れることで体の疾患を治療すること、さらに私は水素水を常に発生させている、小さなボトルスプレーを常備していますので、口の中に直接吹きかけることで口臭を予防しています。

 

Dr.SAITO’S SELECT 浸みわたる水素水
Dr.SAITO’S SELECT

カテゴリー: 水素の効果 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--u9j554hlkolge4sz.com/badbreath.html/trackback/

水素の効果の上へ

サイト内検索

カテゴリー

インフォメーション

にほんブログ村 健康ブログへ